■・

佐野妙子

佐野妙子
。。。。。。。。。。。。。。。。。
札幌在住

油絵を中心にアクリル、水彩、カラーインク、色鉛筆など様々な画材で制作しています。

オーダー絵画 似顔絵 ウェルカムボード など
ご希望に応じた 素材サイズで作品制作いたします。

お問い合わせは→sano_tae@yahoo.co.jpまで
お気軽にご連絡下さい☆

■カテゴリ
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

スポンサー広告
----------------------------------------
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


<日記>
----------------------------------------
佐野妙子個展 終了しました。
もう1週間たってしまいましたが、 佐野妙子個展~物語の始まり~ 無事終了いたしました。

P1000663_convert_20130609222151.jpg

P1000664_convert_20130609222259.jpg


お忙しい中、来ていただいた皆様、気にかけていただいた皆様ありがとうございました。
あっという間の会期の1週間でした。

1年の準備期間があったのに、描きたいものがわからなかったり、気持ちがさだまらなかったりで
本気で集中して描き出したのは3ヶ月ぐらい前で、猛烈なスパートをかけたのは1週間前
そして、当日半乾きの状態で作品を搬入するという、学生の頃から何も変わらないなぁと。。

4年ぶりの個展、カフェでの展示、少し遠方ということもあって見に来てくれる人がいるのだろうかとか
作品は見やすいだろうかとか色々不安もあり正直途中で何度も開催自体を止めたくなりました。

でも、ゆっくりと自分の作品と向き合えたり、来ていただいた方々ともお話ができたので
やっぱり個展を開催して本当に良かったと思っています。

自分の作品だけが並ぶのって素直に本当に贅沢でうれしいです。
普段部屋で雑然と置いてあるだけの作品が額縁をつけておめかしをして、広い壁で照明をあてられて
のびのびとしていて、お店に誰もお客さんがいない時間はずーと自分の作品を眺めていました。
日によって座る場所を変えていたのですが、その日1日良く見ていた絵にとても愛着がわいてくるのです。

akegatanoyume_convert_20130610000915.jpg 「明け方の夢」

個展の副題「物語の始まり」は1枚の絵から何か絵本の1ページをめくるように
その場面やその前後の場面を想像して欲しいと思ってつけました。
それで作品をつくるにあたって、自分でもその場面を創造するのと共にその絵が飾られている場面も想像していて
この絵は夜っぽい空気だから、寝室の壁に飾っていたら、夜眠れない時に眺めてもらえるかなーとか
この絵は明るい光が差し込んでいるから、玄関に飾っていたら、いってきまーすと元気に1日をスタートしてもらえるかなとか、絵の中の物語と絵が飾られる物語と2つを同時に勝手に想像というか妄想をしていたのです。
手を動かしていた時間よりも、この時間の方がむしろ長かったような。。

harunosippo.jpg
「春のしっぽ」


他の作家の方よりも新しい作品を制作したいという気持ちよりも、過去の作品に対する執着が強いのかも。

搬出が終わって帰ってきた作品は梱包されたままで、場所をとるモノになっていてなんだか悲しいのです。
まだ見せていない人もたくさんいるのに、すでに出番が終わったモノになっていて部屋では飾ってあげられる
スペースもなくて、新しい作品を描きたい気持ちもむくむくわいてくるのに、気持ちの切り替えがなかなかできなくて困ります。

hanaitimonnme.jpg
「花いちもんめ」

だからなるべく写真とかでは、残しているのですが、絵の具とか紙の質感とか、その大きさから伝わるものとか、色とか、まるで伝わらないからはがゆい。

作品を直に見たことがない人がいたら、いつか絶対見てもらいたいと思ってしまう。


そして積み重ねてきたものは、作品の数もだけど、人とのつながりだったり

長く作品を見続けてくださる方々や、初めて作品を見てくださった方々、制作を続けている友達からいただく言葉に今回とても励まされて背中を押していただいたような気がします。

油絵の具の重さも光沢も、水彩や色鉛筆の軽やかさも欲張りだからどれも好きで
まだまだ色々試してみたい。

sonosakinohikari_convert_20130610011158.jpg 「その先の光」


展示の1週間前までは、苦しくてなんでこんなこと続けているんだろもうやめようと思うのだけど
2日前ぐらいからスイッチが切り替わって、絵を描くのってなんて楽しいんだろって思ってしまう。

ほんとやっかいな道にはまってしまっったものです。

どんな形でも1人でも見たいと思ってくれる人がいたら続けていくと思います。
多分それは自分自身なんだろーな



展示の準備や搬入や搬出や色々手伝ってくれた方々ありがとう。
個展はひとりだけど、あらためてみんなの差さえあっての自分だと気づかせてくれる良い機会でした。
これからも、背伸びをしないで素直な自分の作品を描いていきます。

この何十倍ものこと個展が終わってからぐるぐる考えて、言葉にできなくて、とりあえずのまとめ。

長々ととりとめのない文章最後まで読んでくれた方ありがとうございます!

yoruwotumugu_convert_20130610004416.jpg
「夜を紡ぐ」
スポンサーサイト


| Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。